錠剤と瓶

日本ではあまり知名度はありませんが、海外でも積極的に使われているピルのひとつに、モーニングアフターピルというのがあります。これは避妊に失敗したり、望まない性交渉によって妊娠するかもしれない時に服用する薬です。この薬を服用することによって妊娠の確率を極端に下げる事ができて、妊娠しなくなるかもしれないのです。

このモーニングアフターピルは、一般的に毎日飲むピルとは違います。毎日飲むピルは別名を低用量ピルや超低用量ピルといい、毎日ほぼ決まった時間に飲むことで、体に女性ホルモンを補って排卵を防いだり、妊娠しにくい体にします。とはいえ避妊だけが効果ではなく、月経困難症や生理不順の治療のために使われることもあり、また生理周期をずらしたり遅らせたりするためにも使われるのです。

一方、モーニングアフターピルは必要な時だけ飲むタイプで、薬によって違いますが1錠だけ飲むタイプもあれば、時間をずらして何錠か飲むタイプもありますが、かなり高い割合で避妊できる薬です。とはいえモーニングアフターピルはメインの効果が避妊であり、それ以外には効果が無いことが多いので普段から服用するのではなく、緊急時の薬として使用することが多いでしょう。

このモーニングアフターピルについては、基本的に避妊に失敗してから72時間以内に服用するのが望ましいとされています。つまり、その避妊に失敗した時から計算して3日以内に病院に行って処方してもらうという形になります。コンドームが外れたり破けた時や、流れで避妊せずに性的な関係を持ってしまった場合に服用することが多いので、出来ればその性交渉の当日か翌日に病院に行くのが望ましいのです。
また、薬の種類や病院によっては120時間以内の服用でも高い効果が見られる、という所もあります。ただし、時間が経てばたつほどモーニングアフターピルの避妊効果は薄れていきますので、基本的には72時間以内に服用しましょう。

モーニングアフターピルについては、吐き気などの副作用がある場合もあります。このため、出来れば飲んだ当日はゆっくり過ごし、出来るだけ予定などを入れないようにするのが望ましいでしょう。薬の進歩によって副作用が減る傾向が見られますし、一緒に吐き気止めを飲むことで対処できる場合もあります。ただ、副作用の強さなどは個人差があり、確実なものではないので出来れば予定を入れずにゆっくり過ごし、お酒なども控えた方がいいでしょう。