• ホーム
  • すぐに試せる妊娠検査の方法|検査薬や病院での検査方法を紹介

すぐに試せる妊娠検査の方法|検査薬や病院での検査方法を紹介

2020年06月07日

妊娠したかもしれない、と思うのなら、出来るだけ早く確認したいものです。この妊娠の検査については、どういう方法があるのでしょうか。

まず妊娠したかを調べる場合、よくあるのが妊娠検査薬というものです。これはドラッグストアや薬局などで簡単に手に入りますので、手軽に試す事が出来ますし1,000円程度で試せますので、まずはこの方法を試してみるのがいいでしょう。スティック状のものになっており、指定された部分に尿をかけて少し待つことで判定されます。尿の中に含まれるホルモンに反応しますので、反応があったかどうかを確実にチェックしてください。

次に、病院で診察を受けることで確定させる方法です。実は妊娠検査薬を使って妊娠したかもしれないから行くだけではなく、検査薬には反応が無かったけれど検査後1週間たっても月経が来ない場合も病院に行った方がいいでしょう。病院については、基本的には産婦人科に行ってください。それ以外の科でも診察できる場合はありますが、確実なのはやはり産婦人科です。

産婦人科では、主に月経周期や性交渉があった日を聞かれます。また、超音波による妊娠確認が行われますし、尿や血液などの検査が行われる場合もあるのです。超音波はよく見るお腹の上からの診察ではなく内診になりますので、スカートで行くのがおすすめです。また、尿を調べる病院もありますからトイレのタイミングは気をつけておきましょう。

実はこの産婦人科での診断が確実ですので、仮に薬で反応があったとしてもその後に産婦人科で否定される場合もあります。また、ここで妊娠していることが確実になったら、その後にはどうするかを決めてください。実は発覚したタイミングが早ければ早いほど対応できる内容や範囲も広いので、出来るだけ早く病院に行くのがおすすめです。病院ではもしもの時のためのスタッフもいますし、相談に乗ってくれるスタッフもいます。

とはいえ、手軽に調べたいのなら検査薬で十分です。次の生理予定日から1週間たっても来ないのならば可能性が無い訳ではありませんので、調べてみるといいでしょう。また、調べて反応が無いけれどもやはり生理が来ない、という場合も出来るだけ早く病院に行った方がいいかもしれません。生理が来ない場合は何らかの病気の可能性もありますので、妊娠確定ではなくても病院に行って治療をしてもらう必要が出てくるのです。どの場合でも、出来るだけ早く病院にかかるのがおすすめです。